笑顔で暮らす家づくりしませんか

豊橋市 田原市/住宅 有限会社伊奈建築 > 施工事例 > 新築 > 土壁・本格和風漂ういえ 

土壁・本格和風漂ういえ 



完成した外観です。


裏口には欅の式台を設けました。
脇の下駄箱も収納力が有り、大変便利です。


縁側も広々とし、ゆとりの空間を演出します。


3間続きの和室は本格的な和室に仕上がりました。
上部に欄間を取り入れ、ふすまと大変調和のとれた感じにまとまりました。


洗面台は幅900の三面鏡タイプを採用
上部に採光を考え、ステンドグラスを取り付けました。


浴室は大理石調の高級感有るものとしました。(パナソニック製)


キッチンは壁付けタイプの対面キッチンとしました。
壁面にアクセントクロスを用いて、落ち着いた感じに仕上ました。
ちょっとしたことですが、インテリアコーディネーターならではの提案を
お客様に取り入れていただきました。
:-P :-P :-P


リビングの床材はサクラの無垢板を採用。


ホールの床材はブナの無垢板を採用。
温かみの有る雰囲気に仕上がりました。


玄関上部の天井は和紙調のクロスとし、格天井と組み合わせました。


遂に完成を迎えることになりました!
綺麗に仕上がった玄関ホール周りです。
聚楽壁と天然木との相性が非常に良く見栄えが良い玄関ホールとなりました。


広々としたリビングダイニング。
天井までの大きな間仕切り扉で仕切ることが出来ます。


こちらは玄関上部の幕板です。
白と赤のコントラストが非常に美しい「いぶき」板です。


こちらは玄関上部です。
杉の格天井としました。今後の仕上がりが楽しみです。


玄関ホールは杉・一位(いちい)・いぶき・栃(とち)の無垢材を使用し、
豪華な感じに仕上ました。


和室の造作が完了しました。


外回りの仕上工事に入りました。
玄関のタイル仕上げの様子です。


和室には、長押(なげし)を回しております。
長押とは、柱同士の上部などを水平方向につなぎ、
構造を補強するために、柱の外側から打ち付けられたもので、
装飾的な部材の一部です。


内部造作も進んできました。


外壁はサイディング貼りとなりました。
破風(はふ)と呼ばれる屋根装飾部材は耐久性の有る銅板にて捲きました。


屋根工事(仕上げ)
杉皮の上に土を乗せてから和瓦を葺いております。
屋根はスッキリした入母屋屋根。


土壁(下塗り)
小舞竹の上に塗る下塗りは、粘性を大きくして小舞竹にしっかり密着させる。
下塗りは二週間から一ヶ月ほどの十分な乾燥期間をとり硬化させる。


屋根工事(下地)
防水シートを敷き、その上に伝統的な杉皮を敷きます。


土壁工事(下地)
伝統的な貫工法の土壁の下地段階です。
貫の片側に竹小舞の下地をつくり、
最初にグリッド状に間渡し竹を入れ、その次に縦の小舞竹、
最後に横の小舞竹を入れ、縄でしっかりとかきつけます(つなぐ)。